住宅だけではない|原状復帰はとても大事な工事【正しく理解して業者に依頼しよう】

原状復帰はとても大事な工事【正しく理解して業者に依頼しよう】

メンズ

住宅だけではない

作業員

現状復帰工事といえば、個人で借りる住宅の賃貸物件などを対象にして行なっているイメージでしょう。しかし、借りられる物件というのは住宅だけではありません。実はテナントなどの現状復帰工事も行なう必要があります。特にテナントなどの物件は、そこでどんな商売をしていたかによって現状復帰工事の内容や料金、期間が大きく変わります。例えば、飲食店を営んでいたのなら壁紙の色が変わってしまった、調理場の状況、テーブルやイスを配置していたことで起こった傷などといった痛みが発生していることがあります。これらを元の状態に戻すとなったら、広さによりますが現状復帰工事に結構な時間がかかってしまうでしょう。反対に服屋や雑貨屋などといったお店を営んでいたのなら、そこまで大きく現状復帰工事しなくても大丈夫です。このように、どんな商売していたかによって現状復帰工事の内容が異なるので事前に業者に確認してもらったほうがいいでしょう。

テナントの現状復帰工事は、借りていた側で業者を探したほうがいいです。その理由は、物件によりますが貸している側が業者を用意していない可能性が高いからです。個人で住む住宅となれば、現状復帰工事などの業者と連携して対応したほうがスムーズにことが進むのですが、テナントの場合は状況によって工事内容が異なります。ですから、事前に現状復帰工事の業者は借りていた側で探すことを伝えておいたほうがいいのです。そうすることで、返す直前にバタバタするということも避けられますし、綺麗な状態にして管理しているところへ返せるので敷金が返金されやすくなります。